言葉を通してつなげる日中韓

GOKINJO.LOG

中国語の「原来」と韓国語の「원래」

ふと思ったんです。

韓国語の원래(ウォンレ)って漢字で書くと「원=原,래=来」だなと。

 

韓国語の単語の半分以上は漢字語と言われています。

例えば원인だと原(원)因(인)。미래だと未(미)来(래)。

 

そして、中国語にも原来(yuan lai)という言葉があります。

 

日本語では馴染みのない表現ですが、中国語と韓国語で発音が違うだけで用法はほとんど同じ。

 

使い方をまとめてみます。

 

韓国語の用法

원래 그랬었잖아?

ウォンレ クレッソッチャナ

元々そう言ってたじゃん?

 

원래 가고싶었는데 

ウォンレ カゴシポッヌンデ

元々行きたかったんだけど、、

 

日本語のもともとという意味で使われています。

 

元はと言えばは、"〜は"をあらわすを付け加えて원래는になります。

 

中国語の用法

原来不是这样

元々はそうじゃなかった

 

原来喜欢喝酒,现在不喝酒了

元々はお酒を飲むのが好きだったけど、今は飲まなくなった

 

こちらも、日本語のもともとという意味で使われているケースが多い。

 

原来的地方のように、もともとと直訳するよりも、以前の場所・変化する前の場所を概念的に表す表現もあり、カバー範囲の広い言葉。

 

似たような言葉に本来(ben lai)がありますが、こちらがよくまとめられています。

 

 

 

 

 

韓国語と中国語は被りが多い

 

このように、中国語と韓国語には同じ言葉が同じような意味で使われているケースが他にもたくさんあります。

 

同時に勉強していると、いろいろな発見があってたのしいですよ!

 

他にもたくさんあるので、改めて紹介していきたいと思います。