言葉を通してつなげる日中韓

GOKINJO.LOG

中国でSIMカードを再発行(补卡)する方法

f:id:lalalalalalalala:20161206233752p:plain

 

SIMカードをまた無くしてしまいました。1度目は携帯ごと、今回は少し前にタイに旅行に行った時にタイ用SIMカードに差し替えた拍子にどこかへ。小さいからね・・

なので、もしも中国で携帯を無くしても同じ電話番号で再発行できるので安心してくださいね!無くさないのが一番ですが。

 

再発行に必要な物(中国移動の場合)

・パスポート

・携帯契約時登録の6桁パスワード 

 

以上です。

 

とりあえずパスポートを持って最寄りの携帯ショップへ行き、「补卡(ブーカー)」と言えば一発で伝わります。

 

ここで注意したいのが、たまに补卡できない店舗があります。

これは「販売店」と言われる、あくまで携帯の販売やチャージのみを扱っている店舗。

补卡できるのは「营业厅」です。店舗検索の際に「营业厅」とつけて検索するのをお忘れなく!

 

店に着いたらすること

・补卡したい旨を受付スタッフに伝える

・「丢了还是坏了?(ディウラハイシーホァイラ?)無くしましたか壊れましたか」と聞かれるので「丢了/坏了」と答える

・所定の紙に必要事項を記入し列に並ぶ(電話番号、パスワード)

 

パスワードを忘れたら?

パスワードを忘れた場合は

・最近90日で頻繁に通話をした相手の電話番号5件

・一番最近スマホにチャージした時期と金額

を記入すれば本人確認が取れます。

 

これでめでたく再発行完了!

本人確認が取れたらあとはもう勝手に窓口で再発行手続きを行ってくれます。

最後にパスワード、電子サイン、パスポートを手に持っての写真撮影を行えば新しいSIMカードが手渡されます。

 

microSIMかnanoSIMか一応聞かれますので、ご自身のスマートフォンを確認し答えられるようにしておきましょう!
いまどきのスマートフォンはほぼmicroSIMです。

 

中国でSIMカードを再発行するのは簡単

SIMカードをなくすとかいう経験、多分日本ならほとんど経験しないと思いますが、中国の携帯は基本全てSIMフリー。海外に行く時など頻繁に抜き差ししますので、私のような普段からモノを無くす人間はSIMカードのような小さなモノを相当な確率で無くします。

ただ、上記の手順ですぐに再発行できるので中国在住の方やこれから中国に住む方などご参考ください。