言葉を通してつなげる日中韓

GOKINJO.LOG

語学オタクの勉強ノートと文房具たち

こんにちは!

 

突然ですが人のノートを見るとなんだかモチベーションになりませんか?

私はモチベーションが下がっているときは「中国語 勉強 ノート」とかで検索して、人の勉強の跡を見てはやる気をもらっています(笑)

 

というわけで今回は私が使っているノートと文房具を紹介したいと思います(^。^)

今使っている、というより気づいたらずっと使ってるお気に入りたち。

 

▼勉強道具

  • 用紙:マルマン A5方眼ルーズリーフ
  • ペン:PILOT Juice 0.5mm シリーズ
  • マーカー:PLUS petit moji liner シリーズ
  • ふせん:ポストイット ジョーブ透明見出し シリーズ

▼こんなかんじ

f:id:lalalalalalalala:20180225221702j:image

 

▼韓国語を勉強しはじめた2011年もA5のルーズリーフ

f:id:lalalalalalalala:20180225222205j:image

 

ファイティン!とか書いてあって恥ずかしいですが、このときもA5ルーズリーフでした。

その後B5使ってみたり、ルーズリーフやめてみたり紆余曲折しましたが最近はまたA5ルーズリーフに落ち着いています。

そもそも高校時代のセンター試験のときもA5のルーズリーフだった!笑

 

ルーズリーフが好きな理由はこんなかんじです

・差し替えができる(体系立てて学ぶ必要がある語学学習には合ってる)

・1枚からどこにでも持ち運べる(紙とペンさえあればどこでも勉強できる)

・増えていくとうれしい(A5だとさらに増えやすくて達成感!)

 

▼ペンはここ1年ずっとJuice 

f:id:lalalalalalalala:20180225221709j:image

3色ボールペン、フリクションといろいろ使ってきましたが、2016年にタオバオでまとめて購入してからずーっとJuice0.5mmです。今のところこれより書きやすいペンに出会っていない。発色がとてもきれいで、ペン先が硬くて文字が綺麗に書けます。特にpinkが好き!赤じゃなくていつもpink派。赤シートでも消える。使わないけど。

 

▼このマーカー素晴らしい

f:id:lalalalalalalala:20180225221656j:image

こいつはまだ半年くらいの付き合いですが、これ使い始めてから普通のペンのマーカーつかわなくなりました。なんといってもにじまない。書籍にマークするならいいのですが、自分が書いた文字の上にマークするとなるとにじむことが多いもの。このマーカーであればテープ式なのでにじみの心配は全くありません。発色が綺麗で、単純に引くのが楽しい。私は使っていないですが、専用の消しゴムで消すことも可能。あとはコロンとした小さいサイズ感!ぜんぜんかさばらないのでちょっと外で勉強するときにも気軽に持ち出せます。

 

▼ふせんはよく使う

f:id:lalalalalalalala:20180225221824j:image

もともとふせんはよくつかいます。なんといっても紙辞書にとにかくぺたぺたと。

紙辞書をひいたときに、「この子絶対に覚えたい!」というときなんかは必ずふせんを貼ります。そうすると、しばらくしてその単語に遭遇した際に「そういえば青か紫の付箋貼ったような」と思い出すトリガーにもなります。その点においても、使う付箋の色は気にせず、その単語のイメージに合わせて貼っている感じです。(この単語はクールだから寒色系、あったかい感じだから暖色みたいな)むしろ、いろいろな色を使うのがポイントかも。

ポストイットジョーブが好きなのは透明なのに書き込めるところと、多色がコンパクトにまとまっているから!紙の付箋も好きだけど、見出し系はやっぱりフィルムにかぎるなあ。紙だと、意外と色移りしたり、糊が移ったり。

 

▼おまけ

f:id:lalalalalalalala:20180225222213j:image

韓国語初級の時のノート!

ところどころ間違いがあって可愛い笑

 

案外昔のノートにも勉強法のヒントがあったりして面白いな~。

過去のノート(韓国語ver,中国語ver)も時折紹介していくので、何か参考になれば幸いです♡

「早い」と「速い」の読み方がどちらも「はやい」なのってオカシイことなのでは。

完全に自分のメモみたいな記事です。

 

この前買い物に出かけた中国人を待つというシチュエーションがあったのですが、思いのほか早く帰ってきたので思わず这么早!!と言ってしまいました。

 

言ったと同時に「あれ、このシチュエーションだと这么快?」という疑問が頭を駆け巡りました。

 

韓国語の時もそうだった。

빨다(速い)と일찍이다(早い)が度々私の頭の中で混同するのです。

 

そもそも何故いつもこんがらがるのか。

 

それは早いと速いが日本語だとどちらも「はやい」だからであり、そもそも同じ読み方になっちゃった日本語の方が言語の発達的にオカシイんではないかと。

 

暑いと熱いも。

 

そう、热と烫が違うように、답다と뜨겁다も違います。

 

シャワーを浴びているとき、더워!(本当は뜨거워)と言ってしまって我ながら違和感で恥ずかしくなったのを思い出します。

 

時間的な早さと物理的な速さを言い分けるように、気温の暑さとそれ以外の熱さを言い分けるのが中国語と韓国語なのです。

 

しかし!

 

日本語も読み方は一緒だけど漢字は一応書き分けるわけです。間違えると違和感ありますし。暑いハートの持ち主って誰が見てもおかしいですよね。

 

もともとはどちらも「はやい」「あつい」と読んでいたのが、あとから漢字がやってきてそれぞれ振り当てられたのか、漢字が先なのか。。。

 

あ、、あと、厚いもあついで韓国語の厚いは두껍다で読み方すごく似てるけどなんか関係あるのかな。。(考えだすと止まらない)

 

しかも中国語の热は気温でも使うし、热烈、热情のように気温以外の心の状態を表す時にも使うなと。

 

同じあつい、はやいという概念を取り扱うのに、読み方が違ったり、使い方が微妙に違ったり、興味深いです。

 

もし、成り立ちわかる方いらっしゃったらぜひ教えて頂きたいです。

 

 

 

【2018年】今考えていること、これからかきたいこと

あけましておめでとうございます!(2月ですが。)

 

あれやこれや書きたいくせに時間もあるくせに忙しいというタテマエで更新しておりませんでした。

 

よもや長い文章など書けそうにないので今回は2018年1回目の記事として、今考えていること、これから書きたいことを忘備録的に残しておこうと思います!

 

これから書きたいこと

記事にしたいなあ~誰かに伝えたいな~と思っていることは一応メモしていたので、メモのままここに記してみようと思います。

 

  • 果然と과연
    中国語と韓国語で漢字が一緒だし、意味もほぼ一緒のはずと思い。

  • 偸むと盗む
    吾輩は猫である」を読んでいたら「偸む」という表現が出てきて、日本語って昔は「盗む」のこと「偸む」って書いていたのか。あ!そもそも中国語で盗むは「偸」じゃん!と感動したことから。

  • 放心と마음 놓다と心置きなく
    放心と마음 놓다の意味は違うけれど、「心を置く」という表現は同じで興味深い。日本語の「心置きなく」はどこから来たのか。同じ放心でも中国語と日本語で意味が違うのもワクワクする。

  • 言われる=聞いたの韓国語
    「よく~と言われる」が韓国語ではなぜか「~とたくさん聞いた」という表現になるのが不思議なため。なんでそうなったか勝手に考察したい。그런 말 많이 들었어요.

  • 強引さがよい、プサンマルとプサンナムジャ
    9月に結婚式(ウルサン)に行ったときに改めて思ったため。笑
    あ、というか韓国の結婚式レビューしてない!

  • グループチャットはNG?面子を守る中国人
    仕事中に神経を使うため。(お、神経を使うって韓国語でも神経を使うだ!)

  • 配送日を待てない?中国人とネットショッピング
    頭を悩ませるから。。

  • 卡其色=カーキ?
    中国人にカーキ色を伝えたい場合「军绿色」を使う必要がある。でもよく調べると日本人の想像するカーキは世界スタンダードじゃないみたい。カーキってもっとベージュみたいな色だそう。

  • 시위と职位
    韓国語でデモは시위。特に漢字は記憶していなかったものの、中国語でデモは示威と知り、おお!示威の韓国語読みが시위シウィだと繋がり嬉しかったため。

 

特に放心についてはいろいろ考察したいような・・。

 

 

今考えていること

上と被りそうですが、今まさに思っていること。

日頃中国人と働く中で身に着けた?”中国人とうまく働く方法”をまとめたい!

ポイントは、日本で働く中国人ではなく、中国で働く現地の中国人ということ。

これから、日本にいる外国人だけではなく、海外現地にいる外国人と仕事をする人も増えてくるのではないかと・・

案外、言葉以外の部分が大切だし、それは後々自分を助けてくれる!

 

語学×活用 のような形でまとめたいな。

 

2017年は本当に中国越境ECな一年でした。

まだまだ分からないことだらけだけど、でもこれから中国で何かをやろうとしている人よりは提供できる知識があるはずだから、すこしずつまとめたい!

 

中国語のEC用語を紹介するのもいいかもしれない。

 

完全に個人的なこと
  • 引っ越しをした
  • google homeがやってきた(今のところ120点差し上げたい)
  • 免許うっかり失効(無免許運転のニュースを見て気づく)(※私自身は無免許運転していないのでご安心を!)
  • サラバ!を読むのが楽しみ。これから下巻突入。 
 
まとめ

せめて週に1~2のペースで何かしら更新したいです。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

韓国でビットコイン規制がはじまる?

ここ数日異常な暴騰暴落を続けるビットコイン。書店や電車のつり革広告でも見かけることが多くなり、もはや知っている人の方が多い存在になったのではないでしょうか。

 

とは言えまだまだ海外のビットコイン情報が日本語になったものは少ないです。ビットコインは24時間世界中で取引されている仮想通貨なので、お隣の中国韓国の動きも取引価格にダイレクトに反映されます。どんな動きなのか記事にしてほしいというリクエストがあったので、今回は「取引全面禁止になるかも?!」と言われていた韓国のビットコイン規制騒動を紹介します。

 

参考記事

http://news.tf.co.kr/read/economy/1709713.html

 

はじめにざっくり
  • 12月13日ソウルで仮想通貨規制に関する緊急会議が開かれた
  • 取引禁止ではなく、安全な取引を守るためのルール整備が主
  • 新規参入者を制限するため未成年者と非居住者の取引を禁止
  • 金融商品と認められておらず銀行では仮想通貨取り扱い不可
  • 取引所、仮想口座を提供する銀行は提供を年内にも廃止

韓国の仮想通過規制の動きを不安視する人も多かった

韓国で何らかの規制の動きがあるという情報は12月8日~10日の暴落に影響を与えたとも言われています。

 

実際に発表された内容は以下のものでした。

정부는 13일 정부서울청사에서 홍남기 국무조정실장 주재로 가상통화 관련 관계부처 긴급회의를 열었다. 이날 회의에서 가상통화 투기과열과 이를 이용한 범죄행위를 막기 위한 대책을 논의했다.


韓国政府は13日に仮想通貨に関する緊急会議を開き、加熱する投機に伴う犯罪行為を未然に防ぐための対策を議論したとあり、具体的な内容としては以下が挙げられました。

 

  • ・新規参入者を防ぐため本人確認の要求を強化し、本人名義の口座からでしか入出金出来ないように管理する。
  • ・未成年と非居住者(外国籍)においては取引を禁止する。

 

投資者だけではなく、取引所にも言及がされています。

 금융기관은 가상통화를 보유하거나 매입할 수 없도록 금지했다. 지분 투자 또한 불가능하다. 투자상품으로 인정하지 않겠다는 것이다.

 

仮想通過は金融商品として認められておらず、金融機関での保有・取扱が禁止されたとあり、金融機関以外にも100憶ウォン以上の取引量、もしくはデイリーで100万人以上の利用がある取引所は来年から韓国政府によるISMSという認証を受けることが義務付けられました。

 

정부는 조속한 시일 내에 입법 조치를 거쳐 투자자보호와 거래투명성 확보 등을 의무화하고, 이를 갖추지 못할 경우 가상화폐 거래를 금지할 계획이다. 아울러 가상통화 투자수익에 대한 과세 여부도 검토하고 있는 것으로 전해졌다.

これ以外にも法律を整備し、投資者の保護、取引の透明性の確保などを義務化し、守れない場合取引を禁止するとあります。また、仮想通過収入に対する課税を検討するとあり、今後の具体案が注目されます。

 
今回影響を受けたのは・・

우리은행과 산업은행이 올해 안에 가상화폐 거래소 가상계좌를 폐쇄하기로 했다. 신한은행과 기업은행은 현재 운영 중인 가상계좌는 그대로 운영하되 추가로 늘리지 않을 계획이다.

ウリ銀行と産業銀行は年内にも取引所、仮想通貨口座の廃止を決定しています。
それまでは通常通り運営を行い、新規ユーザーの受け入れは行わない予定とのこと。

 

国民銀行では7月に仮想通貨のハッキング被害があったこともあり、仮想口座の提供を中断しています。ハナ銀行ははじめから仮想通貨の取扱に手を出さなかったようです。

 

このように今回の規制案でまず影響を受けたのは金融機関でした。

 

周りの評価

이번 가상통화 규제안이 강력함에도 예상보다는 수위가 낮다는 평가가 나온다. 당초 정부가 가상화폐에 대해 선물거래 도입은 물론 거래 자체를 전면 금지하는 방안까지 고려하고 있는 것으로 알려졌기 때문이다.

今回の規制案は「取引全面禁止」「モノとの引き換え開始」と不安視されていたものよりは厳しいものではなかったと思う人が多かったようです。 

 

ただ、今回の規制案は今すぐ大きな影響を与えるものではないものの、本格的になるにつれて影響力を増すものとされ、静観する必要があります。


まとめ

記事のまとめ

  • より大きな利益を得るために仮想通貨の保有額を増やそうとする動きがある
  • 仮想通貨は株式とは異なり価格の制限がなく、世界中で24時間取引されるため市場の安全装置が働かず、リスクが高い
  • 特に今回の乱高下の際には被害に遭った投資者が多く見受けられた

 

韓国最大の取引所ビットサムにも「仮想通貨は政府によって保証されている法定通貨ではなく、市場の環境によって価値が下がることもあります。」と明記されるようになりました。
 

韓国ユーザーの意見

韓国ユーザーのコメントを見ていると、「全面禁止だとか言われているけど、IT大国を目指しているからあり得ないと思う」という意見や、中には「5年前にIT企業に勤める友人が3千万ウォン分ビットコイン買ったと言って本気かよと笑っていたのに最近カカオトークプロフィール画像みるとフェラーリになっていた」という投稿もありました。笑

 

仮想通貨は世界中のいろいろな要素によって価格が決まっています。

中国・韓国の動きも例外ではないので、引き続きチェックしてゆきます~

【ZOZOスーツ】中国の反応

ZOZOスーツ

11月22日にスタートトゥデイ社から発表された「ZOZOスーツ」。
まだ皆さんの記憶にも新しいと思います。

 

このボディスーツは15,000箇所にも及ぶ身体中のあらゆる箇所を採寸でき、採寸データはZOZOTOWNアプリから確認できるようです。


なんと現在無料配布中(2着目からは3,000円/着)で、今から予約すれば2月上旬に手にすることができるようです。現時点での予約数は不明。

 

中国での反応

何を聞いても中国の反応が気になってしまう私、早速百度一下してみました。

 

結果あまりヒットせず。

ちらほらとファッション系メディアが取り上げている感じ。

香港系メディアの方が多い印象で、中国で流行るものは先に香港・台湾で流行るという誰かの言葉を思い出しました。

人机合体的衣服,你需要吗? – NOWRE现客

网购度身神器 – ZOZOTOWN 推出电子感应衣「ZOZOSUIT」_搜狐时尚_搜狐网

 

ちなみにZOZOスーツは「日本的黒科技」という言葉で紹介されていました。

黒科技(hei ke ji)

人類の知恵を凌駕するような、これまでの常識を覆す世界観に基づき開発されたもの。

 

黒科技で調べると色々な面白い製品がヒットするので気になる方は百度へ!

http://www.baidu.com/

 

 

中国でのZOZO


2011年にソフトバンク合弁会社を作り中国進出したZOZOTOWNですが、2013年に撤退を発表しています。ただ、2011年~2013年のファッションECの規模感と比べここ数年でファッションECの規模感は相当大きくなっています。今この時期に出店していたら話は別なのでは?と思ってしまいます。

 

中国人と採寸ボディスーツ


中国ECの運営に関わって1年半ほどになりますが中国ECはユーザーの立場が強いです。価格帯も低いものが多いうえ返品も簡単にできるのに、購入時になると超慎重な人が多く、購入前に些細なことをチャットしてくるユーザーが多いです。

 

自分の身長と体重を伝え、ぴったりのサイズを教えてくれとか・・

着画を送ってくれとか・・

 

ちょっとでも自分のイメージと違うものが届くと即返品。

ZOZOスーツがこの返品率を下げたらと期待。

 

今後の予想


今は中国国内では大きな報道はないものの、実際にZOZOスーツが先行予約者の手に渡り始めたら確実に転売が起こると読んでいます。タオバオだと表立って売れない気もするので、Wechatになるか・・。

 

日本在住の中国人は中国本土のニーズ※をつかむのが驚くほどうまいので、既に先行予約している人が一定数要るのではと思います。(ZOZOも何かしら対策しているかもしれないけど)


むしろ、転売だろうと何だろうとそれによって世界中に配布されるのであればZOZO的にも悪い話じゃないかも。

 


直近だとOggi11月号ふろくのGUCCIノートがWechatで300~400元で転売される現象が起こりました。

 

タイムマシン経営で本家よりも未来に行っちゃうような中国で、ZOZOスーツがどう飛び火するかかなり注目です。

中国語教室に半年通ったので、どんな感じかまとめ。

12月ですね。今日は日曜日。今年の6月から週に1度通っている中国語教室がある日でした。

 

もう半年になることですし、周りの方から中国語教室ってどうなのー?などと聞かれることがあるので、今回は私が通っている中国語教室でどんなことを習っているのか紹介します。

 

教室選びの基準
  • 月謝が月に1万円以内
  • 土日に通える
  • グループレッスンで上級レベルが受けられる
  • ちゃんと宿題を出してくれる

 

私はこの条件で学校を探しました。

選んだのが、おそらく中国語学習者なら一度は使ったことがあるBitExを運営するイーチャイナ池袋校。

BitEx中国語学習ポータルサイト。中国語辞書、教材、検定資格、中国語会話、eラーニング、オンラインスクールなど多数のサ

 

 価格がリーズナブルなことと、一緒に学習する仲間ができることから私はグループレッスンを選択しました。

 

学校探しで一番難しかったのがグループレッスンを探すこと!

既にHSK5級や6級を取っていたりする上級レベルになるとグループレッスンを探すのが途端に難しくなります。

 

私の場合はイーチャイナへ体験授業に行った際、たまたま同時期に同じくらいレベルの方が体験授業にきたと教えられ、その方と2人でグループレッスン出来るならばと教室選びの決め手になりました。

(半年経ちましたが歳も近いし職場で中国語使う境遇も同じで、授業後一緒にカフェで予習復習したりします。学習仲間大事!)

 

料金について

2名1回60分×週1回で月に9,500円で教室に通っています。

これ以外にBitExでの文章添削が無料でついてくるのも決め手になりました。 

 

授業形式

使用テキスト

「標準教程HSK6」

 

毎ユニット700~900字程度の文章で構成されたテキストで、文章の中に出てきた単語や表現を1時間かけて解説してもらいます。授業は全部中国語です。

 

発言機会もかなりたくさんあります。

 

テキストを読むだけではなく、「この表現をつかって最近あった面白い話をして」とか。

 

学校に通うメリット

私にとっては間違いなく発音を直してくれるところです。

 

先生たちは今まで中国語を教えてきただけあって、私の発音の弱点をすぐに見抜いてくれます。4+4が弱いね~とか、3声下がりきらないね~とか。今まで独学でやってきたときには誰も指摘してくれなかったのでありがたしです。

 

例えば摔倒の倒は4声じゃなくて実は3声だったとか・・。今までずっと間違えて発音してたのにそれを教えてくれる友達が誰もいませんでした(笑)これ以外にも間違えたまま覚えていた言葉が出てくる出てくる。声調と発音は今まで以上に注意して覚えるようになりました。

 

他にも

  • 週末の時間を有意義に使える(昼までダラダラ寝なくなった)
  • 一緒に学ぶ仲間ができる(モチベーション維持のためとても大事)
  • 先生が中国語を教えるのが上手(独学じゃ永遠に気づけなかった気づきが毎回ある)
  • 宿題のための時間を取るようになる
  • 1時間無駄にしたくないので予習するようになる
  • 中国イベントの情報が入るようになる(スピーチコンテストの案内など)
  • 短い間学生気分を味わえる

 

結論、週に1度の授業以外のところにたくさんメリットがあった半年だなあと。

 

まとめ

どの学校も最低でも月に1万円程度は費用が掛かりますが、知り合いができたり視野が広がったり副次的なメリットがたくさんあります。

 

もちろん、週に1回通ったぐらいではま~~ったく喋れないし定着しません。断言。

元取るぞ!!!と予習復習に熱を上げ、授業でどんどん中国語を話す意気込みのある方は一度体験授業に行ってみることをおすすめします。(学校によっては休学制度もあります)

 

私の場合は元を取らねばという気持ちが強いモチベーションになっております(笑)

授業の時間に何度も何度も発音声調でつまづくのは時間がもったいないので、読めない単語にはピンインを振ったり、事前に中国の友人にテキストを読んでもらって声調を確認したりします。

 

とはいうものの、授業以外の日で予習復習の時間を取ろうとすると結構大変。

中国語授業のある日は、授業が終わった瞬間にカフェに駆け込みその日の復習・次のレッスンの予習をしてまるまる中国語DAYにしてしまうことをおすすめします。

 

独学も良いけど、学校は交流があるのでたのしいですよ!

一緒にがんばりましょう(*^^*)

中国語の「原来」と韓国語の「원래」

ふと思ったんです。

韓国語の원래(ウォンレ)って漢字で書くと「원=原,래=来」だなと。

 

韓国語の単語の半分以上は漢字語と言われています。

例えば원인だと原(원)因(인)。미래だと未(미)来(래)。

 

そして、中国語にも原来(yuan lai)という言葉があります。

 

日本語では馴染みのない表現ですが、中国語と韓国語で発音が違うだけで用法はほとんど同じ。

 

使い方をまとめてみます。

 

韓国語の用法

원래 그랬었잖아?

ウォンレ クレッソッチャナ

元々そう言ってたじゃん?

 

원래 가고싶었는데 

ウォンレ カゴシポッヌンデ

元々行きたかったんだけど、、

 

日本語のもともとという意味で使われています。

 

元はと言えばは、"〜は"をあらわすを付け加えて원래는になります。

 

中国語の用法

原来不是这样

元々はそうじゃなかった

 

原来喜欢喝酒,现在不喝酒了

元々はお酒を飲むのが好きだったけど、今は飲まなくなった

 

こちらも、日本語のもともとという意味で使われているケースが多い。

 

原来的地方のように、もともとと直訳するよりも、以前の場所・変化する前の場所を概念的に表す表現もあり、カバー範囲の広い言葉。

 

似たような言葉に本来(ben lai)がありますが、こちらがよくまとめられています。

 

 

 

 

 

韓国語と中国語は被りが多い

 

このように、中国語と韓国語には同じ言葉が同じような意味で使われているケースが他にもたくさんあります。

 

同時に勉強していると、いろいろな発見があってたのしいですよ!

 

他にもたくさんあるので、改めて紹介していきたいと思います。

 

「中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立」を読んで

知識というより、読み物としてもとても面白い本を読んだのでご紹介します。

海賊版が多く混沌とした中国のインターネットの世界は日本と比べると洗練されていなくて不便な世界だと勝手に思っていた私が、2016年中国で暮らしてみて中国のインターネットサービスのあまりの発展具合に「いつの間に・・?」と驚いたように、

草創期・混沌から今に至るまでのインターネット史がが通史でまとめられており、かなりすっきりしました。改めて、中国人の考え方は面白いと思わされます。

 

    目次
  1. 中国ITの原風景
  2. 中国におけるインターネットの幕明け
  3. コミュニケーションと反日の波
  4. Web2.0の波と北京オリンピック
  5. SNS普及とネット検閲の強化
  6. 微博の輝くと時代の転換
  7. ワールドワイドウェブからの独立

検閲、規制・・中国のインターネットは窮屈?

中国のインターネットといえば、「LINEが使えない」「Googleが使えない」こういった不便で窮屈なイメージが思い浮かぶ人が多いと思います。

 

私も2016年中国にいた頃、日本でポケモンGOが爆発的にブームになっている中、中国では当然のように遊ぶことが出来ず帰国したころにはブームは跡形もなく去っていました。

 

ただ、だからと言って不便を感じたことはなく、周りの中国人もポケモンGOこそ知っているもののあの手この手を使って楽しもうとする人は一人もいませんでした。

 

中国人はGEWの中でのびのびとネット生活を楽しんでいる

日本でポケモンGOが流行っていたころ、中国で流行っていたのは陰陽師

 という日本人声優を起用した中国製日系RPGゲームでした。

開発元はこの本でも度々でてくる「網易 NetEase」です。

 

DL数は2017年2月時点で2億突破。日本だけでなく世界中でポケモンGOが流行る中、中国で選ばれたのは中国製ゲームでした。

 

そう、中国人はGFWに囲まれたネットの世界でも不便に感じることなくそこで供給されたものを楽しんでいるのです。

 

いつから中国のインターネットは日本を越えたのか?

この表現は多少語弊があるかもしれませんが、あながち間違えていないはずです。2016年私が中国にいた頃、中国ではすでに財布を持ち歩かない生活が当たり前でした。ネット通販はもちろん、リアル店舗での買い物、公共料金の支払い、タクシー代の支払い、友達とのお金の貸し借りさえもすべてがスマホ決済でした。

 

本書を読んでいると、中国のインターネットの世界が突出して盛り上がってきたのはスマートフォンが浸透し始めた2011年~2013年頃かなと感じました。これまでの海賊版が乱立していた状況に規制が入りコンテンツが洗練し始めたのもこのころだと思います。

 

まとめ

外から見ると独特に見える中国の閉ざされたネット空間は、中国人をよく知る中国政府が長い時間をかけ緻密につくられた空間。中国人はその空間の中で不自由することなく

 ITの利便性を享受し、閉ざされた空間の中で育ってきた中国企業はもはや世界中に影響力を持つようになっている。

【中国語】部首の読み方

この前中国語を話しているとき「こざとへん」と言いたかったのに出てこなかったので、部首の読み方をまとめておきたいと思います!

※こざとへんは耳朵旁

 

部首は中国語で偏旁(pian pang)

日本語に〇〇へんという名称が多いように、〇〇旁という名称が圧倒的に多いです。

それではれっつごー。

 

旁系

单人旁 にんべん

双人旁 にんべん

木字旁 きへん

牛字旁 うしへん

病字旁 やまいだれ

衣字旁 ころもへん

金字旁 かねへん

米字旁 こめへん

朝字旁 (おお!日本語だと右側が部首になるのでこれの名前はない模様)

食字旁 しょくへん

子字旁 こどもへん

广字旁 まだれ

竖心旁 りっしんべん

 

 頭(头)系

四字头 あみがしら

春字头 だいかんむり?

登字头 はつがしら

虎字头 とらがしら・とらかんむり

竹字头 たけかんむり

草字头 くさかんむり

京字头 なべぶた

 

 底系

弄字底 にじゅうあし

 

その他

宝盖 うかんむり

两点水  にすい

三点水 さんずい

 

 

2017「独身の日」まとめ

概要

2017年「独身の日」の着地は1,682億元。

日本円にして2.9兆円。

 

アマゾンジャパンの一年間の売上が1.1兆円。(2016)

 

どういうことや、、。

 

※2016年の記事

gokinjo.hatenablog.jp

 

(考察) まずは数字を作る中国。


去年の独身の日は中国におり、消費者目線でニュースを見ていましたが今回は一年近く越境EC運営に携わらせてもらったこともあり、売り手側として勝手な考察を。

 

あまり取り上げられないが、返品も半端ない

発送前のキャンセル、受取後の返品を含めると30-40%はあるのでは?と個人的には思っています。
(先做量,大きな数字を作ることに意味があるのか。)

数だけが大きく報道されますが、
キャンセル率も日本の比ではありません。

 

そもそもキャンセル規則がとても緩い。
アリババのレギュレーションというよりも、
ほとんどの店舗がよほどのことがない限りキャンセルを受け付けます。

 

これは顧客からの低評価を防ぐため、
店舗ランキング制度によるものが大きいです。

 

売れたものが売れる

キャンセル出てもいいからとにかく売って、
売上実績をつくる。売れたものが売れるがセオリー。
(決済されたら売上数としてフロントに表示されます)

 

どの店舗がいくつ売ったか、売り上げが外から見えます。

 

開始1時間が勝負

2017年W11はアリババ全体でも開始1時間で昨年の1,207憶元達成。

他店舗事例を聞いていても、開始直後~深夜の受注が勝負。

 

そして・・

キャンセルされる前に即配送。 

 
物流問題。

もう、送ったもの勝ちの感じがあります。
taobaoも天猫も発送しない限りはいつでもユーザーがキャンセル申請できる仕組みです。

 

実質発送してしまえば届くまでは返品申請しかできず、
返金申請よりは若干ハードルが上がります。

(返品送料はさすがに顧客持ちのところが多く、しかも少し手間。)

とにかく、注文が付いた瞬間に発送!モノが出てなくても伝票番号は入れられるように。

物流やシステム環境が改善されるにつれ、キャンセルも簡単になったと思います。

日常販売でも大事ですが、イベント時は特に在庫確保が課題になります。